子供 痩せたい 痩せ願望

⇒⇒⇒太る食べ物、やせる食べ物

痩せたい子供も増えている

小学校高学年女子の約70%に痩せたい願望が

子供の肥満や生活習慣病が取り上げられる反面、痩せたいと考える 子供たちも増えています。

平成13年にベネッセコーポレーションと東京成徳大学の教授が実施した調査によると、 小学校4〜6年生の女子の約69%が『痩せたい』と考えており、40%の女子に ダイエット経験がありました。

痩せたいという願いは、女子だけでなく、男子にも見られ、 男子の45%が痩せたいと考えている結果が出ています。

ダイエットしたい理由として、『見た目が良いから』という理由を挙げる 子供が82%に上り、食事制限が体に悪いこと知っている子供は9割にも達するのに、 『少しくらい体調が悪くなるくらいなら、痩せたい』とする子供が約半数いるという 驚きの結果になっています。

さらに、平成18年に東京都教育委員会が高校1年生に対して行った調査では、 男子の29%、女子の81%が痩せたいと思っており、 ダイエットを経験した男子は7%、女子は34%、 女子の中の7%にはダイエット食品の利用経験があるという結果が出ています。

ダイエット願望の低年齢化の原因は?

子供たちの痩せたい願望は、どんどん低年齢化していると言われており、 幼稚園児が『ダイエット』するために、給食やお弁当を残したり、 おやつを止めたりしてしまうと言った相談も出てきています。

また、標準体重なのに痩せたいと考えている子供も多く見られ、 成長に伴った体重の増加を嫌がる子供も、増えているようです。

子供の痩せたい願望が増えていることは、痩せていることを良いことだとする大人の世界の風潮や、 テレビや雑誌などに出てくる芸能人やモデルのスタイルにも影響されていると考えられており、 「子供のダイエット」として、問題視されるようになってきています。